芭蕉の句碑新 潟


あけほのや二十七夜も三日の月

新発田市諏訪町に「石泉荘」がある。


かつては「花菱」という料亭であった。

離れ座敷


約1,500 坪の庭園で、庭園の中央を川幅約4mの新発田川が流れる。

茶室の前に芭蕉の句碑があった。


あけほのや二十七夜も三日の月

出典は『芭蕉庵小文庫』

『あつめ句』には「あけゆくや」とある。

貞亨3年(1686年)秋、芭蕉43歳の句。

明治30年(1897年)8月、花菱建立。千秋庵桃義書。

明治37年(1902年)6月、「花菱」の建物は火災で消失。

 料亭「花菱」は他から現在の建物を移して営業を続けていたが、まもなく他所へ移ってしまう。

その後、新津で製油業を営む石崎家の別邸となった。

旧石崎家住宅


 平成19年(2007年)、茶室(1895年)と離れ座敷(1905年)は国登録有形文化財となる。

芭蕉の句碑新 潟〜に戻る