芭蕉の句碑群 馬


麥めしにやつるゝ戀や里の猫

前橋市三河町に正幸寺という寺がある。


正幸寺


浄土宗の寺である。

正幸寺本堂左の隅に芭蕉の句碑があった。


麥めしにやつるゝ戀や里の猫

出典は『泊船集書入』。

元禄4年(1691年)、芭蕉48歳の句。

 『猿蓑』に「麦めしにやつるゝ恋か猫の妻」、『泊船集』には「麥飯にやつるゝ戀か猫のつま」とある。

安永9年(1780年)建立の句碑らしい。

『諸国翁墳記』に「里 塚 上野前橋正幸寺アリ 喝祖坊素輪建立」とある。

麦林舎乙由の句碑もあった。


祖父祖母の孫にもあまき十夜哉

 十夜は浄土宗の寺で陰暦10月6日から15日までの10昼夜念仏を唱える法要。

麦林舎は中川乙由の別号。伊勢の人。芭蕉晩年の門人。

安永8年(1779年)冬、喝祖坊素輪建立。

喝祖坊素輪の句碑もあった。


三日月や広いそらにも曲て置

安永8年(1779年)11月、門人建立。

芭蕉の句碑群 馬〜に戻る