芭蕉の句碑岩 手


さゝれ蟹足這ひ上る清水哉

一関市川崎町門崎字石蔵に最明寺という寺がある。


最明寺


天台宗の寺である。本尊は毘沙門天。

 養老年中(717〜723)、大野東人により建立。

 嘉祥年間(848〜851)、慈覚大師の開基により天台宗蓮華谷峰寿院と命名。

 最明寺入道北條時頼が御巡国の折、最明寺と寺号を改めたといわれている。

最明寺の裏手に布佐洞窟遺跡があるらしい。

登り口の右手に芭蕉の句碑があった。


さゝれ蟹足這ひ上る清水哉

出典は『続虚栗』

『蕉翁句集』(土芳編)に「貞享四卯ノとし」とある。

 最明寺の隣地には建長8年(1256年)に建立された石塔婆がある。岩手県最古の碑である。

芭蕉の句碑岩 手〜に戻る