芭蕉の句碑千 葉


時雨るゝや田のあら株のくろむほと

香取市小見川に金刀比羅神社がある。


金刀比羅神社


文化2年(1805年)、讃岐金刀比羅宮より勧請されたと言われる。

金刀比羅神社に芭蕉の句碑があった。


時雨るゝや田のあら株のくろむほと

出典は『泊船集』(風国編)。「舊里の道すから」と前書きがある。

『蕉翁句集』(土芳編)に「元禄三午とし」とある。

 元禄3年(1689年)、粟津の「無名庵」を出て郷里の伊賀に向かう途中で詠まれた句。

明治20年(1887年)10月、権少講義須田美静建立。少教正三森幹雄書。

芭蕉の句の下に40名の句が刻まれている。

其影のさゝぬ国なしかれ尾花
   東京
 桐子園幹雄
刀根川や水は眠るに小夜しぐれ
   タ ゝ
 声画庵旭斎
神垣や明星高き初みそら
   小ミ川三世
 指頭庵美静

芭蕉の句碑千 葉〜に戻る