芭蕉の句碑埼 玉


観音能甍見屋りつ花の雲

下里の滝から大聖寺に向かう。


槻川に鳥がいた。


アオサギだろうか。

大聖寺は天台宗の寺で、暦応3年(1340年)開創と伝えられるそうだ。

高台に観音堂がある。


観音堂の左に芭蕉の句碑があった。


観音能甍見屋りつ花の雲

出典は『末若葉』(其角編)。貞亨3年(1686年)、芭蕉43歳の時の句。

芭蕉が病気で深川の芭蕉庵に寝ていた時に作ったという。

明治29年(1896年)10月、句碑建立。

観音堂から見下ろす。


今日もよく歩いた。

芭蕉の句碑埼 玉〜に戻る