芭蕉の句碑福 島


ほとゝきす聲やよこたふ水の上

福島県耶麻郡猪苗代町長浜に磐梯東都バスの「長浜」停留所がある。


「長浜」停留所に芭蕉の句碑があった。


ほとゝきす聲やよこたふ水の上

出典は宮崎荊口宛書簡。

 元禄6年(1693年)、杉風曾良の勧めに応じて「水辺のほととぎす」を詠んだ句。

『藤の実』(素牛編)には「声横たふや」とある。

 明治26年(1893年)10月17日、長田村(猪苗代町)の山内忠孝ら8人が催主となり芭蕉二百年の祭典を施行して建立。

須賀川の道山荘山書。

明治28年(1895年)、『子規塚集』刊。若松の護六選。

道山荘山も句を寄せている。

時鳥啼くやしたしきおきな島

 明治26年(1893年)10月12日、芭蕉二百回忌で会津若松の阿弥陀寺に芭蕉の句碑を建立。

芭蕉の句碑福 島に戻る