芭蕉句碑存 疑


松植ゑて竹のほしさよ秋の風

板野町川端字医王院に妙薬寺という寺がある。

妙薬寺山門


山門を入ると、右手に「はせを」の句碑があった。


松植ゑて竹のほしさよ秋の風

『芭蕉翁句解参考』に収録されているが、「存疑」句である。

   松植て竹のほしさよ秋の風

愚考、あるものに云、松はよはひ久しく千とせも経ぬべく、竹は節文ありて君子のみさほあり。ゆづりはしたも深山にありて、世の霜にもいたまず、云々。かゝる常盤にめで度、松竹なれば秋のさびしさをしのばむとの意也。

妙薬寺本堂


高野山真言宗の寺である。

芭蕉句碑存 疑〜に戻る