芭蕉の句碑静 岡


梅か香にのつと日の出る山路かな

浜松市浜北区宮口に庚申寺(HP)という寺がある。


神亀2年(725年)、観音山光明寺開創。

明徳元年(1390年)、庚申堂を建立、「金剛山庚申寺」と改称。

臨済宗方広寺派の寺である。

庚申堂


庚申堂の手前左手に池があり、多くの石碑がある。

芭蕉の句碑もあった。


梅か香にのつと日の出る山路かな

元禄7年(1694年)春、芭蕉51歳の句。

『炭俵』冒頭、志太野坡と両吟歌仙の発句である。

芭蕉の句碑静 岡〜に戻る