芭蕉の句碑長 野


道のべの木槿は馬にくはれたり

国道18号を穂保で右折する。

長沼体育館の隣に守田神社があった。


守田神社


守田神社の前に芭蕉の句碑と長沼の一茶の門人魚淵(なぶち)の句碑があった。

右に芭蕉の句碑。


道のべの木槿は馬にくはれたり



『野ざらし紀行』の句。貞亨元年(1684年)、芭蕉41歳の時である。

   大井川越る日は、終日雨降ければ、

秋の日の雨江戸に指おらん大井川  ちり

   馬上吟

道のべの木槿は馬にくはれけり

『野ざらし紀行』(大井川)

俳諧一葉集』には「道ばた木槿は馬に喰れけり」とある。

文化9年(1812年)10月、長沼の一茶の門人魚淵が建立。

建立を記念して一茶が『木槿集』を代撰。

左に魚淵の句碑。


今も猶としとしの花の臺(うてな)

芭蕉の句碑長 野〜に戻る