芭蕉の句碑誤 伝


御狩野公民館〜誤伝句碑

茅野市金沢御狩野に御狩野公民館がある。


御狩野公民館の西の森に「芭蕉」の句碑があった。


   穗屋の里にて

いさみたつ鷹引据るあられ哉

出典は『続深川』、或いは『幽蘭集』であろうか。

いさみ立鷹引居(すゆ)る霰哉
   翁

 ながれの形(なり)に枯るゝ水草
   沾圃

『続深川』

元禄6年(1693年)の句である。

『續猿蓑』(沾圃編)には「嵐かな」とあり、里圃の句とする。

いさみ立鷹引すゆ(う)る嵐かな
   里圃

 冬のまさきの霜ながら飛
   沾圃

大根のそだゝぬ土にふしくれて
   芭蕉

誤伝句というべきであろう。

里圃は江戸の能役者。棚松軒。『翁草』(里圃編)。

元禄8年(1695年)10月12日、沾圃序。

森の中に「南宮諏訪大明神」の碑があった。

碑があるだけで、社殿はない。

芭蕉の句碑誤 伝〜に戻る