芭蕉の句碑栃 木


鞍つほに小坊主乘るや大根ひき

真岡市荒町に出世稲荷神社がある。


出世稲荷神社


社殿の左手に芭蕉の句碑があった。


鞍つほに小坊主乘るや大根ひき

出典は「荊口宛真蹟書簡」(元禄6年11月8日)。

『炭俵』に収録されている。

元禄6年(1693年)10月、芭蕉50歳の句。

『陸奥鵆』には「鞍壺に小坊主のせて大根引」とある。

鞍坪(壷)に小坊主のるや大根引
   ばせを

 蘭国曰、「此句、いかなる処か面白き」。去来曰、「吾子今マ(ママ)解しがたからん。只、図してしらるべし。たとへば、花を図するに、奇山・幽谷・霊社・古寺・禁闕によらば、その図よからん。 よきがゆへ(ゑ)に古来おほし。如此の類は図の悪敷にはあらず。不珍なれば取はやさず。 又、図となして、かたちこのましからぬものあらん。此等、元より図あしとて用ひられず。今珍らしく雅ナル図アラバ、此を画となしてもよからん。句となしてもよからん。されば、大根引の傍に草はむ馬の首うちさげたらん、鞍坪(壷)に小坊主のちよつこりと乗りたる図あらば、古からんや、拙なからんや、察しらるべし」。国が兄何某、却て国より感驚。かれは俳諧をしらずといへども、画を能するゆへ(ゑ)也。図師尚景が子也。


   鞍つほに小坊主のるや大根引

 此句、師のいはく「のるや大根引」と小坊主のよく目に立つ処、句作ありとなり。

『三冊子』(土芳著)

芭蕉の句碑栃 木〜に戻る