芭蕉の句碑秋 田


はまぐりの二見に別れ行く秋そ

美郷町六郷琴平西の羽州街道沿いに金刀比羅(琴平)神社がある。



文政2年(1819年)3月、讃岐の金毘羅様を勧請。

金刀比羅(琴平)神社の境内左手に芭蕉の句碑があった。



はまぐりの二見に別れ行く秋そ

出典は『奥の細道』。

 元禄2年(1689年)9月6日、芭蕉は『奥の細道』の旅を終え水門川の船町港から桑名へ舟で下り、伊勢長島の大智院に逗留。

嘉永6年(1854年)9月、小西伍朗建立。

もう一基、「芭蕉」の句といわれる碑があった。


萩芒夜はおもしろうなりにけり

「誤伝」というが、出典は不詳

嘉永5年(1853年)9月、小西伍朗等建立。

芭蕉の句碑秋 田〜に戻る