芭蕉の句碑山 梨


秣負ふ人を栞の夏野哉

国道20号から甲州街道を歩いて笹子峠に向かう。


甲州市大和町日影に駒飼宿がある。

甲州道中 駒飼宿

 笹子峠の西麓にあった駒飼宿は、江戸時代には幕府の公用を継立する役目を果たし、旅行者の休泊のため、本陣・脇本陣・旅籠などが設けられた甲州街道の要所として知られていました。

 笹子への道の往還を人が休み、その名の通り馬が餌と水を与えられたこの宿場は、今でも家が建ち並び、往事の雰囲気を残しています。

甲州道中 駒飼本陣跡
   
甲州道中 脇本陣跡

   


芭蕉の句碑があった。


秣負ふ人を栞の夏野哉

出典は『俳諧書留』

元禄2年(1689年)4月、翠桃亭で巻かれた歌仙の発句である。

昭和62年(1987年)10月、日陰区再建。

旧碑は水害のため流された。

芭蕉の句碑山 梨〜に戻る