芭蕉の句碑熊 本


ひと声の江に横たふや時鳥

玉名市小浜に天満宮がある。


天満宮の前に小さな蓮池がある。

蓮池の中の島に芭蕉の句碑があった。


芭蕉翁

ひと声の江に横たふや時鳥

出典は宮崎荊口宛書簡。

 元禄6年(1693年)、杉風曽良の勧めに応じて「水辺のほととぎす」を詠んだ句。

嘉永5年(1852年)、自松仙千鳧建立。

ペリー来航の前年である。

芭蕉の句碑熊 本〜に戻る