芭蕉の句碑愛 媛


しくるゝや田のあら株のくろむほと

松山市三津の国道437号沿いに恵美須神社(美穂神社)がある。


恵美須神社(美穂神社)の先の交差点に「大原其戎居宅の跡」があった。

 此処より北北東75m 石崎汽船(株)ビル眞裏

 其戎宗匠は子規の俳諧の師で俳誌『真砂の志良辺』を発行した。子規極堂とともに明治20年夏ここに訪問し教を受けた。

「花之本大神」の碑


右側面に其戎の句が刻まれている。

左に「芭蕉翁塚」の碑がある。


左側面に芭蕉の句が刻まれている。

花之本大神

敬へはなほもたゝしや花明り
   大原其戎

 花の本大神とは、芭蕉を敬い讃えたことばで、其戎の高弟森連甫がこの芭蕉塚の由来を記している。

芭蕉翁塚(あら株塚)

しくるゝや田のあら株のくろむほと
   松尾芭蕉

 この芭蕉翁塚は「あら株塚」とよばれ、この句は、元禄3年(1689年)頃の芭蕉の作で「旧里の道すがら」の前書きがある。万延元年(1860年)大原其戎が大可賀小松原に建立したもの。

 この2基はもと恵美須神社(美穂神社)に建立されていたもの。

松山市教育委員会

 俳句の里 城北コースE

75m歩いて、石崎汽船(株)ビルへ。

旧石崎汽船本社


国登録文化財(建造物)である。

三津浜埠頭にそびえる洋風の巨閣

このビルを手掛けた木子七郎の作品には、「愛媛県庁舎」や「萬翠荘」などがあります。このビルは鉄筋コンクリート造り地下1階地上2階建て一部3階建て、屋上も造られました。大正13年11月、新社屋の上棟式がバルコニーで挙行され、600人群衆が詰めかけました。時に石崎汽船の初代社長、石崎兵太郎64歳でした。経営的苦難を乗り越えた兵太郎にとって、感慨無量の心地であったことでしょう。

芭蕉の句碑愛 媛〜に戻る