芭蕉の句碑栃 木


灌佛や皺手合する数珠の音

佐野市石塚町に吉祥院という寺がある。


吉祥院


真言宗豊山派の寺である。

吉祥院に芭蕉の句碑があった。


灌佛や皺手合する数珠の音

出典は『三冊子』(土芳著)。

元禄7年(1694年)、芭蕉51歳の時の句。

 灌佛は陰暦4月8日の釈迦如来降誕の日にその像に甘茶をそそぎかける仏事のこと。

 『続猿蓑』(沾圃編)に「ねはん会や皺手合る数珠の音」とある。

 涅槃会は、釈迦入滅の日とされる陰暦2月15日(現在は3月15日)に釈迦の徳をたたえて行う法会。

 『三冊子』に「灌仏」も初は「ねはん会や」と聞へ(え)し。とある。

大正2年(1913年)10月2日、本堂屋根改修記念に建立。

芭蕉の句碑栃 木〜に戻る