芭蕉の句碑東 京


菊の花咲くや石屋の石の間

中央区八丁堀の亀島橋に芭蕉の句碑があると聞いて、早速行ってみた。


確かに芭蕉の句碑があった。


八町堀を詠む

菊の花咲くや石屋の石の間(あひ)

出典は『翁艸』(里圃編)。「八町堀にて」と前書きがある。

 『江戸名所図会』(三ツ橋)の挿絵に『風羅袖日記』「八町堀にて」として載っている。

一ツ所に橋を三所架せし故にしか呼べり。北八町堀より本材木町八丁目へ渡るを弾正橋と呼び、(寛永の頃今の松屋町の角に、島田弾正少弼やしきありし故といふ。)本材木町より白魚屋鋪(やしき)へ渡るを牛の草橋といふ。又白魚屋鋪より南八町堀へ架するを、真福寺橋と号くるなり。

元禄6年(1693年)、芭蕉50歳の句。

平成14年(2002年)、建立。

芭蕉の句碑東 京〜に戻る