芭蕉の句碑神奈川


みちはたの木槿は馬にくわれけり

藤沢市亀井野の加藤宅に芭蕉の句碑があった。


芭蕉の句碑


みちはたの木槿は馬にくわれけり

出典は俳諧一葉集』

貞享元年(1684年)秋、大井川を越えて詠まれた句。

『野ざらし紀行』には「道のべの」とある。

 明治12年(1879年)6月、香楠居幹雄・松窓可都良によって雲昌寺近くの道端に建立された。可都良の書という。

香楠居幹雄は三森幹雄

碑の裏には10名の俳人とともに可都良の句が刻まれている。

きのふにはもとらぬ花の油断かな

芭蕉の句碑神奈川〜に戻る