芭蕉の句碑愛 媛


先堂のむ椎の木も阿り夏木立

西条市壬生川に覚法寺という寺がある。

佛眼山覚法寺


浄土真宗本願寺派の寺である。

覚法寺の境内に芭蕉の句碑があった。


先堂のむ椎の木も阿り夏木立

出典は『猿蓑』(幻住庵の記)。

 元禄3年(1690年)4月6日から7月23日まで芭蕉は国分山の幻住庵に滞在した。

大正4年(1915年)9月、萩野金七建立。

萩野金七は東予市(現:西条市)出身の俳人。俳号は梅光。

芭蕉の句の左に梅光の句が刻まれているそうだが、よく読めなかった。

芭蕉の句碑愛 媛〜に戻る