芭蕉の句碑山 梨


みちばたの槿は馬に喰ハれけり

甲斐市中下条の県道6号甲府韮崎線沿いに金刀比羅神社がある。


金刀比羅神社


宝暦12年(1762年)3月、勧進。

社殿の左手に芭蕉の句碑があった。


みちばたの槿は馬に喰ハれけり
(美知婆多能槿婆馬尓喰ハ禮けり)

出典は俳諧一葉集』

『野ざらし紀行』には「道のべの」とある。

貞享元年(1684年)秋、大井川を越えて詠まれた句。

文政13年(1830年)8月、建立。

 「甲府市千塚町の金刀比羅神社」と書かれているものがあるが、甲府市千塚町に金刀比羅神社はない。

 県道6号甲府韮崎線は甲府から塩崎に至る関谷往還で、下今井で国道20号と合流する。

芭蕉の句碑山 梨〜に戻る