芭蕉の句碑福 島


八九間空て雨降る柳かな

南会津町田島字上町甲に稲富歯科医院がある。


稲富歯科医院の庭の植え込みに芭蕉の句碑があった。


八九間空て雨降る柳かな

元禄7年(1694年)春、芭蕉51歳。

『続猿蓑』巻頭の句である。

逆光で字は見えないが、桜井梅室の書である。

 桜井梅室は北上市立花の軽石錦苔を訪ねたという言い伝えがあるそうだから、その折に会津田島に立ち寄ったかも知れない。

芭蕉の句碑福 島に戻る