芭蕉の句碑福 島


八九間空て雨ふる柳哉

棚倉町寺山に芳松寺という寺がある。


芳松寺


永禄3年(1560年)3月、創立。

曹洞宗の寺である。

芳松寺に芭蕉の句碑があった。


八九間空て雨ふる柳哉

元禄7年(1694年)春、芭蕉51歳。

『続猿蓑』巻頭の句である。

俳諧一葉集』に前書きがある。

春の雨いとしづかに降て、やがてはれたる頃、近きあたりなる柳見に行けるに、春光きよらかなる中に、滴りいまだをやみなければ、

芭蕉の句碑福 島に戻る