芭蕉の句碑長 野


しはらくは花の上なる月夜かな

松本市蟻ヶ崎放光寺に放光寺という寺がある。


放光寺の東に秋葉神社がある。


秋葉神社に芭蕉の句碑があった。


しはらくは花の上なる月夜かな

出典は『初蝉』(風国編)。

 城山芭蕉句碑の句と共に元禄元年(1688年)の句で、白く咲き続く桜の上に、月が青白く照っているという夢のような世界をとらえ、これもしばらくの間のことだと言っている。

 筆者は、備後(広島)に生まれ、大阪に住み、明治2年(1869年)68歳で没した藤井鼎左かと思われる。

 建碑は嘉永4年(1851年)松本本町の高美宣智による。

 碑陰に照樹の次の句が刻まれている。

   城山の麓なる淵雲亭に
   世々麗水の湧き出ければ

とくとくと水は根つよき日永かな

 昭和57年3月

松本市をよくする市民運動推進会議

「元禄元年」は、貞亨5年が正しい。

芭蕉の句碑長 野〜に戻る