芭蕉の句碑東 京


大津繪の筆のはしめは何佛

築地本願寺から晴海通りに出ると、法重寺という寺がある。


法重寺


お寺とは思えないような建物だ。

築地本願寺と同じく浄土真宗本願寺派の寺である。

天正19年(1591年)、本願寺元地に坊舎村松山法重坊を建てた。

法重寺の植え込みに芭蕉の句碑があった。


大津繪の筆のはしめは何佛

出典は俳諧勧進牒』(路通編)。

元禄4年(1691年)正月4日、大津で詠まれた句。芭蕉48歳の時である。

芭蕉の句碑東 京〜に戻る