芭蕉の句碑山 梨


父母のしきりにこひし雉子の聲

上野原市上野原に保福寺(HP)という寺がある。


保福寺正門


 保福寺は中里介山の『大菩薩峠』の中で「甲州上野原の報(保)福寺、これを月見寺と唱えるのは、月を見る趣が変わっているからです」と書かれているそうだ。

正門の右側に「月見寺」の石碑がある。


『大菩薩峠』の作者である中里介山の真筆だそうだ。

安永4年(1775年)10月12日、沂風は高野山に芭蕉の句碑を建立。

「月見寺」の石碑の奥に芭蕉の句碑があった。


父母のしきりにこひし雉子の聲

出典は『笈の小文』

貞亨5年(1688年)春、芭蕉が杜国と高野山を訪れて詠んだ句。

大正6年(1917年)4月15日、獅子門第9世佐藤児楽建立。

碑面は紀州高野山の句碑を写したもの。

栃木県岩舟町の高勝寺にも紀州高野山の句碑を写した句碑がある。

保福寺客殿


本堂は工事中

曹洞宗永平寺派の寺である。

平成21年(2009年)11月に新本堂が完成予定だそうだ。

芭蕉の句碑山 梨〜に戻る