芭蕉の句碑福 島


このあたり眼に見ゆるものみな涼し

伊達市保原町八幡台の高台に正八幡宮がある。


正八幡宮


正八幡宮に芭蕉の句碑があった。


このあたり眼に見ゆるものみな涼し

出典は『風俗文選』

『笈日記』には「目に見ゆるものは」とある。

 貞亨5年(1688年)6月8日、『笈の小文』の旅の帰路、岐阜の油商賀島善右衛門の別邸に招かれた際に詠まれた句。

芭蕉の句碑福 島に戻る