芭蕉の句碑神奈川


雲雀より上にやすらふ峠かな

伊勢原市大山の観音寺跡から浅間山林道を上る。


浅間山林道は一般車輌進入禁止。

蓑毛に抜ける道を1キロ余り行くと、芭蕉の句碑があった。


雲雀より上にやすらふ峠かな

出典は『阿羅野』(荷兮編)。

貞亨5年(1688年)、『笈の小文』の旅で詠まれた句。

 『笈の小文』には「空にやすらふ」とあり、「臍峠(ほそたうげ) 多武峰ヨリ龍門へ越道也。」と前書きがある。

寛政7年(1795年)、建立。

『諸国翁墳記』に「雲雀塚 相州大山伊与利嶺建 宣頂」とある。

宣頂は大山の俳人沼野掃部。加舎白雄の門人。

芭蕉の句碑神奈川〜に戻る