芭蕉の句碑栃 木


初しぐれ猿も小蓑をほしげなり

 東北自動車道の西那須野塩原ICから国道400号で箒川に沿って、塩原温泉郷へ。


塩原町役場の側に妙雲寺がある。

 建久5年(1194年)、平重盛の妹妙雲禅尼が源氏に追われ、塩原で草庵を結んだ。それが妙雲寺の始まりと言われている。800年余りの歴史を持つ臨済宗の古刹である。

芭蕉の句碑がある。


初しぐれ猿も小蓑をほしげなり

『猿蓑』の冒頭句。

元禄2年(1689年)9月下旬、芭蕉46歳の作。

 左側の句碑にこの句が彫ってあったが、今は摩滅して見えない。寛政5年(1793年)3月、芭蕉翁100年忌の供養に建てたものであろう。右側の句碑にそう書いてある。

佐久山桃岸舎潭交 福渡眠松下枕石建立。

『諸国翁墳記』に「小簑塚 野州塩原温泉場妙雲寺建 潭交枕石」とある。

眠松下枕石は和泉屋八代目太兵衛。別号桃林舎。

枕石   下毛塩原温泉の地 
   和泉屋太兵衛 


 境内にある文学の森には尾崎紅葉夏目漱石斎藤茂吉など、塩原温泉ゆかりの文人墨客の歌碑・句碑・文学碑が点在している。

 平成17年(2005年)1月1日、塩原町は黒磯市・那須郡西那須野町と合併により那須塩原市となった。

芭蕉の句碑栃 木〜に戻る