芭蕉の句碑香 川


世を旅にしろかく小田の行きもとり

善通寺市大麻町の県道47号岡田善通寺線沿いに金比羅石灯籠があった。


右の標石には「左こん毘ら道」と刻まれている。

「こん毘ら道」を行くと、左手に原御堂がある。


原御堂には大師坐像があり、その右手芭蕉の句碑があった。



世を旅にしろかく小田の行きもとり

出典は杉山杉風宛書簡(元禄7年閏5月21日)。

荷兮方にて」とある。

 『笈日記』(尾張部)に「去年元禄七年前の五月なるべし。尾張の国に入て、旧交の人々に対す」と前書きある。

寛政5年(1793年)10月、建立。

芭蕉の句碑香 川〜に戻る