芭蕉の句碑岩 手


木のもとはしるもなますも櫻かな

花巻市藤沢町に天満宮がある。


崩れかかった石段を登る。


天満宮


境内石碑群の中に「芭蕉翁之碑」があった。


右側面に芭蕉の句が刻まれていたそうだ。

木のもとはしるもなますも櫻かな

出典は『蕉翁句集』

元禄3年(1690年)の句。

『ひさご』(珍碩編)は「木のもとに」とある。

天明年間(1781〜1788)に伊藤鷄路が移転建立したもの。

 寛延元年(1748年)、伊藤鷄路は花巻に生まれる。本名修。医師。二月庵と号す。

文化12年(1815年)、67歳で没。

「芭蕉翁之碑」の右に伊藤鷄路の句碑があった。


満月を輪にめぐり鳴く千鳥かな

文化13年(1816年)1月3日、建立。

芭蕉の句碑岩 手〜に戻る