芭蕉の句碑静 岡


霧しぐれ富士を見ぬ日ぞ面白き

静岡県富士市岩渕に芭蕉の句碑があるというので探してみた。


東名高速富士川SAの西側にある道路を上っていくと芭蕉の句碑があった。



霧しぐれ富士を見ぬ日ぞ面白き

出典は『野ざらし紀行』

摩滅が激しくほとんど読めない。

この句碑には次の3句が刻まれている。

風になびくその富士川の螢かな
   乙児

霧しぐれ富士を見ぬ日ぞ面白き
   芭蕉

奧の斗の富士を隱して時雨かな
   白盆

芭蕉の句は、甲子吟行に載っている句で貞享元年(1684年)8月箱根の関所を越える時に詠んだものである。

乙児の句は明和5年(1768年)の彼の句集六花庵往来集にあり、吉津の光雲寺句会で詠んだものである。

白盆の句もこの句会で詠まれたものと考えられる。

芭蕉の句碑静 岡〜に戻る