芭蕉の句碑熊 本


鳶のゐる花の賎やとよあかさむ

大津町室の上井出沿いに大願寺という寺がある。

大願寺山門の左手高台に円通庵がある。

円通庵と芭蕉句碑

 上井出沿いの街並から西に夕陽を拝むあたりに、円通庵はあります。室町時代文明年間(1480年頃)、「一宗院」と名乗る一人の山伏がやってきてここに草庵を営んだのが、起源と謂われています。以来荒れ果てた時期もあったそうですが、江戸中期享保7年(1723年)に熊本から浄智和尚が来住し、観世音菩薩を本尊に曹洞宗の寺院として再興したそうです。現存の本尊の製作年代は現在不明ですが、背面に焼跡を背負い、識者によれば明治34年(1901年)3月の室の大火で全焼した際の名残とされ、往時の記憶を今に留める木像物です。

円通庵の石段右手に「賎家墳」があった。


   薤(蒜)のまがきに鳶をながめて

鳶のゐる花の賎やとよあかさむ(よみにけり)

天和2年(1682年)2月上旬、木因宛の芭蕉書簡にある句。

      一日芭蕉翁より文通あり。其書面

当地或人附句あり。此句江戸中聞人無御座、予に聽評望来候へ共、予も此附味難弁候。依之為御内儀申進候。御聞定之旨趣ひそかに御知せ可下候。東武へひろめて愚之手柄に仕度候。

      附句

   蒜の籬に鳶をながめて

 鳶のゐる花の賎屋とよみにけり

寛政5年(1793年)10月、芭蕉百年忌に大津の軽舟と禿芝が建立。

『諸国翁墳記』に「附句塚 肥后大津驛圓通庵寺建 韮のまかきに鳶を詠めて 鳶の居る花の賎家とよめりけり 輕舟・香芝」とある。

円通庵



芭蕉の句碑熊 本〜に戻る