芭蕉の句碑静 岡


どむみりとあふちや雨の花曇り

三嶋大社の末社伊豆魂神社に芭蕉の句碑があった。


どむみりとあふちや雨の花曇り

「あふち」は、栴檀(せんだん)の古名。

出典は『芭蕉翁行状記』(路通編)。

しどけなく道芝にやすらひて

   どむみりとあふちや雨の花曇り

『芭蕉翁行状記』

元禄7年
5月
13日、芭蕉は江戸を発って上方へ最後の旅する。


28日、伊賀上野着。

10月
12日、大坂南御堂前花屋仁右衛門宅で死去。

芭蕉51歳の時である。

昭和53年(1978年)6月28日、句碑建立。

芭蕉の句碑静 岡〜に戻る