芭蕉の句碑滋 賀


たふとがる涙やそめて散る紅葉

長浜市高月町高月に大円寺という寺がある。


慈眼山大円寺

延暦年間、伝教大師最澄が訪れて十一面千手救世観世音菩薩像を彫刻し、七堂伽藍を建立す。応仁の頃、僧笑山が曹洞宗に改宗。

山門の手前左手に芭蕉の句碑があった。


たふとがる涙やそめて散る紅葉

出典は『笈日記』(彦根部)。

元禄4年(1691年)10月、彦根の明照寺で詠まれた句。

昭和27年(1952年)8月、建立。寺崎方堂書。

高月観音堂


芭蕉の句碑滋 賀〜に戻る