芭蕉の句碑新 潟


なかき日を囀りたらぬ雲雀哉

見附市本町に智徳寺という寺がある。


智徳寺の参道に芭蕉の句碑があった。


祖翁

なかき日を囀りたらぬ雲雀哉

出典は『笈日記』(尾張部)。

雲雀ふたつ」と前書きがある。

『続虚栗』には「永き日も」とある。

貞亨4年(1687年)、芭蕉44歳の句。

天保14年(1843年)、芭蕉翁百五十回忌に松岡茶山建立。瀾長書。

瀾長は常陸国牛久城主山口但馬守。

記念集『鄙さへつり』(茶山編)がある。

 以前は新田公園内にあったが、平成16年の中越地震の際に倒れてしまい、智徳寺に再建立されたとのこと。

隣に松岡茶山の句碑があった。


   山陽に生れて
   北陸に老たり

故郷は花の日ころやうめの花

智徳寺


曹洞宗の寺である。

芭蕉の句碑新 潟〜に戻る