芭蕉の句碑長 野


木の下に汁も鱠も櫻かな

諏訪市四賀に仏法紹隆寺(HP)という寺がある。


 大同元年(806年)征夷大将軍坂上田村麿が諏訪大明神へ戦勝報告の際に、「神宮寺」と共に開基されたと伝わる。

仏法紹隆寺山門


山門を入ると左手に芭蕉の句碑があった。


木の下に汁も鱠も櫻かな

出典は『ひさご』(珍碩編)。

元禄3年(1690年)3月2日、伊賀上野風麦亭の歌仙の発句。

天保7年(1836年)2月、久保島若人建立。

若人は高島藩士。井上士朗の門人。

記念集『花鱠』を刊行。

鼈沢山仏法紹隆寺


高野山真言宗の寺である。

普賢堂


名勝指定庭園も雪に覆われていた。


芭蕉の句碑長 野〜に戻る