芭蕉の句碑岐 阜


此山の悲しさ告よところほり

垂井町岩手の菩提山城跡ハイキングコース入口に白山神社がある。


菩提山城は竹中半兵衛の居城。

白山神社の鳥居


参道を行くと左手に芭蕉の句碑があった。


此山の悲しさ告よところほり

出典は『笈の小文』。「菩提山」と前書きがある。

菩提山は朝熊山の西麓にあった伊勢の神宮寺。

『笈日記』には「山寺の」とある。

貞亨5年(1688年)に詠まれた句である。

芭蕉の句碑

この句は元治元年(1864年)3月に「化(花)月坊梅故」が建立したもので

碑面

此の山の悲しさ告げよところほり

はせを翁(芭蕉)

と記されている。

裏面には、

元治元年甲子季三月建立

花月坊 児玉社舟

元禄4年頃の大凶作に詠まれた歌で凶作によって人々がところ芋を掘り出して生活している人々の様子を詠んだ。

垂井町

「元禄4年頃の大凶作に詠まれた歌」ではない。

化月坊は本名国井義睦、通称喜忠太。旗本竹中氏の家臣。

白山神社


芭蕉の句碑岐 阜〜に戻る