芭蕉句碑不 詳


はる風や戸部山崎のやねのこけ

名古屋市南区岩戸町に白亳寺という寺がある。


白亳寺


曹洞宗の寺である。

年魚市潟(あゆちがた)勝景跡

 年魚市潟は、鳴海から熱田にかけて海辺の湾入した遠浅の地形を指していたようである。

万葉の歌に、「年魚市潟 潮干にけらし 知多の浦に 朝こぐ舟も 沖による見ゆ」や、「桜田へ 鶴(たづ)鳴き渡る 年魚市潟 潮干にけらし 鶴鳴き渡る」とあり、歌枕として有名な地となっている。

 「年魚市」は「あいち」と転じ、県名の語源となったと言われる。

 この地は、かつての年魚市潟を展望できる場所の一部として、昭和48年市指定の名勝とされた。

名古屋市教育委員会

本堂の前に「芭蕉」の句碑があった。


はる風や戸部山崎のやねのこけ

風化して、よく読めない。

この句は芭蕉の句として伝わらない。

芭蕉句碑不 詳〜に戻る