芭蕉の句碑栃 木


此秋波何耳年よ流雲に鳥

足利市緑町に愛宕山という小さな丘がある。


丘の上に愛宕神社がある。

愛宕神社の石段


石段の半ば左手の空き地に芭蕉の句碑があった。


此秋波何耳年よ流雲に鳥

出典は『芭蕉句選』

『笈日記』(難波部)には「何で年よる」とある。

元禄7年(1694年)9月26日、芭蕉51歳の句。

 建立年は未詳だが、建立者のひとり官鯉が文化12年(1815年)に亡くなっているので、それ以前に建立されたことは間違いない。官鯉は本町の福田伝兵衛。

足利市助戸町の定年寺にある芭蕉の句碑よりも古い。

 句碑の横に白峯の句「わたらせや秋風老の浪よする」が刻まれているが、白峯についても分からない。

愛宕神社社殿


江戸時代、渡良瀬川は愛宕山のすぐ下を流れていたそうだ。

当時、緑町と借宿の間に橋はなく、渡し舟が往復していた。

緑橋から見る渡良瀬川


芭蕉の句碑栃 木〜に戻る