芭蕉の句碑神奈川


夏草やつはものともか夢の跡

鎌倉の由比ガ浜大通りに六地蔵(芭蕉の辻)がある。


六地蔵


六地蔵の後ろに芭蕉句碑がある。


芭蕉句碑とは言っても、全く読めない。

文学案内板

松尾芭蕉句碑

夏草やつはものともか夢の跡

 右側面
此礼はたれにいふべき清水哉

 左側面
天明六丙午歳五月

 この碑を建てた松尾百遊は、本名を瀧右衛門といゝ、雪ノ下に住んで旅亭「吾妻屋」を営み、鶴岡八幡宮の別当寺院の一つである等覚院の目代をつとめ、また鎌倉絵図なども出していた。

 「此礼は……」の俳句作者買明は、江戸神田和泉町に住んでいた俳人で、別号を独歩庵ともいった。

 芭蕉のこの俳句は、『奥の細道』の中の元禄2年(1769年)5月、平泉の中尊寺に詣でた時の作で、鎌倉とは直接関係はないが、この地が昔刑場跡であったことにちなみ、この句を選んで建てたものである。

鎌倉市教育委員会
鎌 倉 文 学 館

百遊の句

□両は鵜に呑まれたる蛍かな


芭蕉の句碑神奈川〜に戻る