芭蕉の句碑栃 木


松すきをほめてやかせの薫る音

佐野市大栗町に関東五社稲荷神社がある。


関東五社稲荷神社


天慶5年(942年)、藤原秀郷公創建。

相模国松岡稲荷大明神を移したのだそうだ。

 同時に烏森、王子、新福院、大栗稲荷の4社も移されたので、関東五社稲荷というわけである。

関東五社稲荷神社に芭蕉の句碑があった。


松すきをほめてやかせの薫る音

出典は「杉風真蹟書簡」。

元禄7年(1694年)夏、京都嵯峨の落柿舎滞在中の作とされる。

 『諸国翁墳記』に「□□□ 野州安蘇郡佐野庄大栗村鎮守稲荷社内 建主 □松・同 □遊」とある。

 佐野市富士町の泉應院にある芭蕉の句碑と同じ頃に建てられた句碑のようだ。

石段を登ると、拝殿がある。


関東五社稲荷神社拝殿


御祭神は伊弉諾尊、素盞嗚尊、大己貴尊。

稲荷神社とは思えない御祭神である。

芭蕉の句碑栃 木〜に戻る