芭蕉の句碑富 山


うらやまし浮世の北の山さくら

入善町舟見の県道13号朝日宇奈月線沿いに十三寺という寺がある。


中尾山十三寺


北陸三十三ヵ所観音霊場第三十二番。

高野山真言宗の寺である。

真言宗中尾山十三寺の仏像

当寺には富山県指定の文化財である3体の仏像がある。

本尊の千手観音ぼさつは京都の清水寺本尊様式で他の2体と共に県内ではめずらしいものである。仏像は杉で作られており、鎌倉時代初期の名僧行基の作と伝えられている。

天正の頃、舟見城主飛騨守五郎右近尉の守護仏であったが、落城により山中に埋もれた。

宝暦11年(1761年)、清智坊が夢のお告げでこのことを知り、現地点に安置したと言われている。

富山県教育委員会
入善町教育委員会

山門を入ると左手に芭蕉の句碑があった。


うらやまし浮世の北の山さくら

『北の山』(句空編)巻頭に収録。

元禄5年(1692年)1月16日、金沢の門人句空に贈った句である。

芭蕉の句碑富 山〜に戻る