芭蕉ゆかりの地


〜桃青寺〜

墨田区東駒形に桃青寺という寺がある。


芭蕉山桃青寺


寛永3年(1626年)、默宗和尚定林院開創。

芭蕉が数年間身を寄せていたという説がある。

 寛保3年(1743年)、芭蕉の五十回忌で長谷川馬光は芭蕉堂を建立し、芭蕉像と素堂像を安置した。

 延享2年(1745年)9月、白牛山定林院を芭蕉山桃青寺としたそうだ。

桃青寺本堂


臨済宗妙心寺派の寺である。

先例之ごとく、今年、桃青寺に馬光忌を執行して

墓にけふそゝぐは元の清水哉


宝暦2年(1752年)6月、白牛山東盛寺と改めたという。

本所原庭
 小堂 禪宗 白牛山東盛寺

寛保三五十回之節夢中庵破笠彫刻の肖像を安置夕可庵馬光造立芭蕉林に委


桃青寺で素堂忌、馬光忌、素丸忌、芭蕉忌が営まれていたようである。

素堂忌 三月十五日
 桜 二句吐
馬光忌 五月朔日
 郭公  ゝ
素丸忌 七月廿日
 名月  ゝ
芭蕉忌 十月十二日
 雪  ゝ

右例年本所ノ郷桃青寺におゐ(い)

『其日庵歳旦』(寛政11年刊)

長谷川馬光の墓があるそうだ。

   七月廿日素丸遠忌

かつしかやなむ廿日月草の花


明治25年(1892年)6月、再び芭蕉山桃青寺に戻る。

蓮の花が咲いていた。


芭蕉ゆかりの地に戻る