野口雨情ゆかりの地


日本平

静岡市清水区の日本平に「赤い靴」の女の子母子像あった。


「赤い靴」の女の子母子像


童謡 赤い靴をはいていた女の子を訪ねて

 野口雨情の詩になる童謡赤い靴≠はいていた女の子にはモデルがありました。明治35年7月15日清水市宮加三(旧不二見村)に生まれた「岩崎きみ」がその子です。

 「きみ」とその母親「かよ」とは、故あって北海道にわたりますが、この地で母は、まだ2歳になったばかりのわが子を、アメリカ人宣教師ヒエット夫妻に、その養育を託すさだめとなりました。

 やがて宣教師夫妻には母国への帰国が命ぜられますが、このときすでに、「きみ」は不治の病におかされており、夫妻はやむなくこの幼子を孤児院に残して旅立ちました。

 「きみ」はひとり、癒えることのない病の床にあって相見ることもかなわぬ母を慕いながら、わずか9歳の短い生涯を終えたのでした。

 いま、この女の子は、東京六本木にある鳥居坂教会の共同墓地に眠っております。私たちは、この幸せ薄い母と子のかなしみに思いを寄せ、母と子をふるさとの地、不二見村を見おろすこの日本平山頂に、再び相いあわせようと考えました。

 ここに全国数万人に及ぶ人々からの浄財を得て、この像の建立ができましたことに、人間の善意と尊厳に大きな感動と希望をおぼえるものであります。

母と子よ、永遠に安らかなれ

   昭和61年3月31日

「赤い靴」の女の子母子像建設委員会

平成15年(2003年)4月1日、清水市は静岡市と合併、静岡市の一部となった。

野口雨情ゆかりの地に戻る