長塚節ゆかりの地


長塚節の歌

明治33年(1900年)

   竹の里人をおとなひて席上に詠みける歌

歌人の竹の里人おとなへばやまひの牀に繪をかきてあり

荒庭に敷きたる板のかたはらに古鉢ならび赤き花咲く

明治35年(1902年)

小鹽井の鹽井の水につき立てる息栖のとり居みるがたふとさ

   千葉の野を過ぐ

千葉の野を越えてしくれば蜀黍の高穗の上に海あらはれぬ

もろこしの穗の上に見ゆる千葉の海こぎ出し船はあさりすらしも

百枝垂る千葉の海に網おろし鰺かも捕らし船さはにうく

九月十九日、正岡先生の訃いたる、この日栗ひらひなどしてありければ

年のはに栗はひりひてさゝげむと思ひし心すべもすべなさ

さゝぐべき栗のこゝだも掻きあつめ吾はせしかど人ぞいまさぬ

なにせむに今はひりはむ秋風に枝のみか栗ひたに落つれど

   二十日、根岸庵にいたる

うつそみにありける時にとりきけむ菅の小蓑は久しくありけり

   二十三日、おくつきに詣でゝ

かくの如樒の枝は手向くべくなりにし君は悲しきろかも

笥にもりてたむくる水はなき人のうまらにきこす水にかもあらむ

   廿五日、初七日にあたりふたゝびおくつきにまうでぬ、寺のうら
   手より蜀黍のしげきがなかをかへるとて

吾心はたも悲しもともずりの黍の秋風やむ時なしに

秋風のいゆりなびかす蜀黍の止まず悲しも思ひしもへば

もろこしの穗ぬれ吹き越す秋風の淋しき野邊にまたかへり見む

秋風のわたる黍野を衣手のかへりし來れば淋しくもあるか

明治36年(1903年)

うつそみの人のためにと菩提樹をこゝに植ゑけむ人のたふとさ

   二十六日、四天王寺の塔に上る

刻楷(きざはし)を足讀み片讀みのぼり行く足うらのしもゆ風吹ききたる

押照る難波の海ゆふきおくる風の涼しきこの塔の上

   八月一日、嵐山に遊ぶ、大悲閣途上

さやさやに水行くなべに山坂の竹の落葉を踏めば涼しも

   八月四日、法隆寺を見に行く、田のほとりに、あらたに梨をうゑ
   たるを見てよめる

あまたゝび來むと我はもふ斑鳩いかるがの苗なる梨のなりもならずも

   十日、よべ一夜は船にねて、ひる近きに勝浦といふところへつ
   く、船のなかより那智の瀧をみる、かくばかりなる瀧の海よりみ
   ゆる、よそにはたぐひもなかるべし

三輪崎の輪崎をすぎてたちむかふ那智の檜山の瀧の白木綿

   那智の山をわけて瀧の上にいたりみるに谷ふかくして、はろか
   に熊野の海をのぞむ

丹敷戸畔丹敷の浦はいさなとる船も泛ばず浪のよる見ゆ

谷ふかみもろ木はあれど杉がうれを眞下に見れば畏きろかも

   やどりの庭よりは谷を隔てゝまのあたりに瀧のみゆるに、月の
   冴えたる夜なりければふくるまでいも寢ずてよみける

眞熊野の熊野の浦ゆてる月のひかり滿ち渡る那智の瀧山

みれど飽かぬ那智の瀧山ゆきめぐり月夜にみたり惜しけくもあらず

眞熊野や那智の垂水の白木綿のいや白木綿と月照り渡る

ひとみなの見まくの欲れる那智山の瀧見るがへに月にあへるかも

このみゆる那智の山邊にいほるとも月の照る夜はつねにあらめやも

   熊野より船にて志摩へかへると、夜はふねに寢てあけがたに
   鳥羽の港につきてそこより伊勢の海を三河の伊良胡が崎にい
   たる

三河の伊良胡が崎はあまが住む庭のまなごに松の葉ぞ散る

   十六日、つとめて伊良胡が崎をめぐりてよめる

いせの海をふきこす秋の初風は伊良胡が崎の松の樹を吹く

しほさゐの伊良胡が崎の萱(わすれ)草なみのしぶきにぬれつゝぞさく

   十七日、駿河の磯邊をゆきくらして江尻までたどり行かむ
   とてよめる

清見潟三保のよけくを波ごしに見つゝを行かむ日のくれぬとに

   十八日、箱根の山をわたりてよめる

箱根路を汗もしとゞに越えくれば肌冷かに雲とびわたる

まつがさ集(三)

明治37年(1904年)

   明治三十六年八月八日の夕暮に伊勢の山田につく、九日外
   宮より内宮に詣づ、目にふるゝ物皆たふとく覺ゆるに白丁
   のほのめくを見てよめる歌三首

かしこきや神の白丁(よぼろ)は眞さやけき御裳濯川に水は汲ますも

白栲(しろたへ)のよぼろのおりて水は汲む御裳濯川に口漱ぎけり

(こけ)蒸せる杉の落葉のこぼれしを白丁はひりふ宮の垣内に

那珂川に網曳く人の目も離(か)れず鮭を待つごと君待つ我は

明治38年(1905年)

明治三十年七月、予上毛草津の温泉に浴しき、地は四面めぐらすに重疊たる山嶽を以てし、風物の一も眼を慰むるに足るものあることなし。滞留洵に十一週日時に或は野花を探りて僅に無聊を銷するに過ぎず、その間一日淺間の山嶺に雲の峰の上騰するを見て始めて天地の壯大なるを感じたりき。いま乃ちこれを取りて短歌七首を作る。(十月五日作)

芒野ゆふりさけ見れば淺間嶺に没日(いりひ)に燒けて雲たち出でぬ

とことはに燃ゆる火の山淺間山天の遙に立てる雲かも

楯なはる山の眞洞におもはぬに雲の八つ峰をけふ見つるかも

まなかひの狹國(さきくに)なれど怪しくも遙けきかもよ雲の八つ峰は

淺間嶺にたち騰る雲は天地に輝る日の宮の天の眞柱

淺間嶺は雲のたちしかば常の日は天に見しかど低山に見ゆ

眞柱と聳えし雲は燃ゆる火の蓋しか消ちし行方知らずも

  諏訪の短歌會 第一會

   九月五日、地藏寺に集る、同人總べて五、後庭密樹の間に
   は清水灑々として石上に落ち、立つて扉を押せば諏訪の湖
   近く横りて明鏡の如し、此清光を恣にして敢て人員の乏し
   きを憂へず、題は秋の田、蜻蛉、殘暑、朝草刈

秋の田のかくめる湖の眞上には鱗なす雲ながく棚引く

武藏野の秋田は濶し椋鳥の筑波嶺さして空に消につゝ(道灌山遠望)

  同第二會

   七日、布半の樓上に開く、會するもの更に一人を減ず、題
   は秋の山、霧、灯、秋の菓物

杉深き溪を出で行けば草山の羊齒(しだ)の黄葉に晴れ渡る空

鹽谷のや馬飼ふ山の草山ゆ那須野の霧に日のあたる見ゆ(下野鹽原の奥)

   韮崎

走り穗の白き秋田をゆきすぎて釜なし川は見るに遙かなり

   甲斐に入りてより四日、雲つねに山の巓を去らず

韮崎や釜なし川の遙々にいづこぞ不盡の雲深み見えず

   臺が原に入る

白妙にかはらはゝこのさきつゞく釜無川に日は暮れむとす

   四日、臺が原驛外

小雀(こがらめ)の榎の木に騷ぐ朝まだき木綿波雲に見ゆる山の秀(ほ)

   信州に入る

釜なしの蔦木の橋をさわたれば蓬がおどろ雨こぼれきぬ

   木曾川の沿岸をゆく

鱗なす秋の白雲棚引きて犬山の城松の上に見ゆ

   各務が原

淺茅生の各務が原は群れて刈る秣千草眞熊手に掻く

   養老の瀧

白栲(しろたへ)の瀧浴衣掛けて干す樹々の櫻は紅葉散るかも

瀧の邊の槭(もみぢ)の青葉ぬれ青葉しぶきをいたみ散りにけるかも

   十九日、大垣を立つ、雨

近江路の秋田はろかに見はるかす彦根が城に雲の脚垂れぬ

   石山寺附近

蜆とる舟おもしろき勢多川のしづけき水に秋雨ぞふる

   粟津

秋雨に粟津野くれば葦の穗に湖靜かなり遠山は見えず

   逢阪を越えて山科村に至り、天智天皇の山陵を拜す

秋雨の薄雲低く迫り來る木群がなかや中の大兄すめら

   二十日、雨、法然院

ひやゝけく庭にもりたる白沙の松の落葉に秋雨ぞ降る

竹村は草も茗荷も黄葉してあかるき雨に鵯ぞ鳴くなる

   白河村

女郎花つかねて浸てし白河の水さびしらに降る秋の雨

   一乘寺村

秋雨のしくしくそゝぐ竹垣にほうけて白きたらの木の花

   詩仙堂

落葉せるさくらがもとにい添ひたつ木槿の花の白き秋雨

唐鶸(からひは)の雨をさびしみ鳴く庭に十もとに足らぬ黍垂れにけり

   丹後舞鶴の港より船に乘りて宮津へ志す

眞白帆のはらゝに泛ける與謝の海や天の橋立ゆほびかに見ゆ

   二十三日、橋立途上

葦交り嫁菜花さく與謝の海の磯過ぎくれば霧うすらぎぬ

   橋立

橋立の松原くれば朝潮に篠葉しのば釣る人腰なづみ釣る

   廿五日、攝州須磨寺

須磨寺の松の木の葉の散る庭に飼ふ鹿悲し聲ひそみ鳴く

   須磨敦盛塚

松蔭の草の茂みに群れさきて埃に浴みしおしろいの花

   明石人丸社

淡路のや松尾が崎に白帆捲く船明かに松の上に見ゆ

   大原

粽巻く笹のひろ葉を大原のふりにし郷は秋の日に干す

   寂光院途上

鴨跖草の花のみだれに押しつけてあまたも干せる山の眞柴か

   寂光院

あさあさの佛のために伐りにけむ柴苑は淋し花なしにして

   堅田浮御堂

小波のさやさや來よる葦村の花にもつかぬ夕蜻蛉かも

   廿九日、朝再び浮御堂に上る、此あたりの家々皆叺を
   つくるとて筵おり繩を綯ふ

長繩の薦ゆふ藁の藁砧とゞと聞え來これの葦邊に

   導かれて近傍の名所を探る、野々宮

冷かに竹藪めぐる樫の木の木の間に青き秋の空かも

   十月一日、栂尾

栂尾の槭(もみぢ)は青き秋風に清瀧川の瀬をさむみかも

   天主閣にのぼる

名を知らぬ末枯草の穗に茂き甍のうへに秋の虫鳴く

   夕、彦根を去らむとして湖水をのぞむ

比良の山ながらふ雲に落つる日の夕かゞやきに葦の花白し

明治39年(1906年)

   七日平の町より平潟の港へかへる途上磐城関田の浜を過ぎて

汐干潟磯のいくりに釣る人は波打ち來くれば足揚(あげ)て避けつつ

   平潟港即時

松魚船入江につどひ檣(ほばしら)に網建て干せり帆を張るが如し

『青草集』

明治41年(1908年)

   初秋の歌

小夜深にさきて散るとふ稗草のひそやかにして秋さりぬらむ

馬追虫(うまおひ)の髭のそよろに來る秋はまなこを閉ぢて想ひ見るべし

芋の葉にこぼるゝ玉のこぼれこぼれ子芋は白く凝りつゝあらむ

   濃霧の歌

      明治四十一年九月十一日上州松井田の宿より村閭の間を求
      めて榛名山を越ゆ、湖畔を傳ひて所謂榛原の平を過ぐるに
      たまたま濃霧の來り襲ふに逢ひければ乃ち此の歌を作る

群山の尾ぬれに秀でし相馬嶺ゆいづ湧き出でし天つ霧かも

ゆゝしくも見ゆる霧かも倒に相馬が嶽ゆ搖りおろし來ぬ

明治45年(1912年)

喉頭結核といふ恐しき病ひにかゝりしに知らでありければ心にも止めざりしを打ち捨ておかば餘命は僅かに一年を保つに過ぎざるべしといへばさすがに心はいたくうち騷がれて

生きも死にも天のまにまにと平らけく思ひたりしは常の時なりき

我が命惜しと悲しといはまくを恥ぢて思ひしは皆昔なり

大正3年(1914年)

   鍼の如く 一

      一

   秋海棠の畫に

白埴の瓶こそよけれ霧ながら朝はつめたき水くみにけり

      二

   上州入山の山中にて

唐黍の花の梢にひとつづゝ蜻蛉あきつをとめて夕さりにけり

白銀の鍼打つごとききりぎりす幾夜はへなば涼しかららむ

   鍼の如く 五

      一

   八月十四日、退院

朝顔は蔓もて偃へれおもはぬに榊の枝に赤き花一つ

   十六日朝、博多を立つ、日まだ高きに人吉に下車し林の温
   泉といふにやどる、暑さのはげしくなりてより身はいたく
   疲れにたりけるを俄かに長途にのぼりたることなれば只管
   に熱の出でんことをのみ恐れて

手を當てゝ心もとなき腋草(わきぐさ)に冷たき汗はにじみ居にけり

   十八日、日向の小林より乘合馬車に身をすぼ
   めて、まだ夜のほどに宮崎へこゝろざす

草深き垣根にけぶる烏瓜たまづさにいさゝか眠き夜は明けにけり

霧島は馬の蹄にたてゝゆく埃のなかに遠ぞきにけり

   十九日、宮崎より南の方折生迫といふにいたる、青島目睫
   の間に横はりてうるはしけれど、此の日より驟雨いたりて
   やがて連日の時化に變りたれば、心落ち居る暇もなきに漁
   村のならはし食料の蓄もなければ

かくしつゝ我は痩せむと茶を掛けて硬(こは)き飯はむ豈うまからず

酢をかけて咽喉こそばゆき芋殼の乏しき皿に箸つけにけり

   二十七日、宮崎にのがる、明くれば大淀川のほとりをさまよふ

朝まだき涼しくわたる橋の上に霧島低く沈みたり見ゆ

   三十一日、内海の港より船に乘りて吹毛井といふところにつ
   く、次の日は朝の程に鵜戸の窟にまうでゝ其の日ひと日は樓
   上にいねてやすらふ

手枕に疊のあとのこちたきに幾時われは眠りたるらむ

   懶き身をおこしてやがて呆然として遠く目を放つ

うるはしき鵜戸うどの入江の懷にかへる舟かも沖に帆は滿つ

   九日、再び時化になりたればまた宮崎にのがる、
   人のもとにて梨瓜といふを皿に盛りてすゝめらる、
   此の地方西瓜と共に瓜を産することおびたゞし

瓜むくと幼き時ゆせしがごと竪さに割かば尚うまからむ

   十三日、漸く折生迫にもどれば同人の手紙などとゞきて居た
   るを一つ一つと披きみてはくりかへしつゝ

とこしへに慰もる人もあらなくに枕に潮のをらぶ夜は憂し

むらぎものこころはもとな遮莫をとめのことは暫し語らず

   二十二日、觀世音寺にまうでんと宰府より間道をつたふ

稻扱くとすてたる藁に霜ふりて梢の柿は赤くなりにけり

   彼の蒼然たる古鐘をあふぐ、ことしはまだはじめてなり

手を當てゝ鐘はたふとき冷たさに爪叩き聽く其のかそけきを

   住持は知れる人なり、かりのすまひにひとしき庫裏なれども猶
   ほ且かの縁のひろきを憾む

朱欒植ゑて庭暖き冬の日の障子に足らずいまは傾きぬ

長塚節ゆかりの地に戻る