旅のあれこれ


シーボルトゆかりの地

 文政6年(1823年)7月、オランダの商館医員として長崎に到着し、診療の傍ら長崎の鳴滝に塾を開く。

 文政9年(1826年)正月、商館長と共に江戸へ向かい、2月16日、彼杵「庄屋」に泊まる。3月4日、日本橋の長崎屋に止宿し、4月12日出発するまでの間、江戸の蘭学者に面接指導し大きな影響を与えた。

 文政11年(1828年)7月、シーボルトは江戸参府から出島に帰還。

 文政11年(1828年)9月17日、シーボルト台風。

 文政11年(1828年)、シーボルト事件が発生し、12月に日本から追放された。

 安政6年(1859年)、幕府顧問として再来日したが、まもなく帰国しミュンヘンで没した。

シーボルト胸像

あかつき公園(東京都中央区)

常盤橋

(福岡県北九州市)

「長崎屋」

内野宿(福岡県飯塚市)

元禄船着場跡

(長崎県東彼杵郡東彼杵町)

出島和蘭商館跡

(長崎県長崎市)

旅のあれこれに戻る