旅のあれこれ文 学


大谷句佛ゆかりの地

 句佛は東本願寺第二十三代法主、真宗大谷派管長大谷光演の俳号。法名は彰如。

 明治8年(1875年)2月27日、東本願寺第二十二代法主現如の次男として誕生。

 明治36年(1903年)3月、高浜虚子は東本願寺に句佛を訪ねた。

 明治41年(1908年)11月、第二十三代法主を継承し、真宗大谷派管長となる。

 明治44年(1911年)、宗祖親鸞聖人六百五十回御遠忌法要を厳修。

 大正14年(1925年)9月、財政問題の責を負って退任。大谷光暢(闡如)が第二十四代法主に就任。

 昭和9年(1934年)10月、吉崎御坊跡に蓮如上人の銅像完成、光暢上人が導師となって除幕式が行なわれた。

御在世のひびの御足を偲び泣く   句佛上人

 昭和18年(1943年)2月6日、68歳にて示寂。

石狩は鮭の魚飯に名残あり

能量寺(北海道石狩市)

祖恩しのふ北門秋の法城に

東本願寺函館別院(北海道函館市)

朝顔の種もこぼれよ初時雨

聖興寺(石川県白山市)

この遠忌に確信の縁も木々の芽も

鶴来別院(石川県白山市)

勿軆なや祖師はかみこの九十年

宗林寺(香川県さぬき市)

旅のあれこれ文 学に戻る