河東碧梧桐

『碧梧桐句集』(大須賀乙字選)


大正5年(1916年)、刊行。

   春の部

   道山沿になりて足下平館海峡を見る

風立てば霞の奥も波白し

   平舘に砲臺の跡存す

構へたる並松もあり春の水

   島原城跡

一揆潰れ思ふ汐干の山多し

   鳴雪

梅ばかり十枝あまりをまゐらせん

赤い椿白い椿と落ちにけり

岩を割く樹もある宮居躑躅かな

   昇仙橋

瀧に景は盡きたれど躑躅奥ありて

   夏の部

   親不知

涼しさの浪寄るや我に母います

   浪化上人の眞蹟を拜して

御筆の御年の程も涼しけれ

闇中に山ぞ峙つ鵜川かな

   谷汲觀音

門前の走り水花桐に來て

   戸隱奥社即時

飯綱より雲飛ぶ橡の若葉かな

   秋の部

   羽前立石寺

水菊の花や慈覺の露の降る

   本合海即景

鍬形の流れに星座紅葉かな

   羽黒山

谷深し松に紅葉を疊みけり

   彌五郎阪を越ゆ

阪を下りて左右に藪あり栗落つる

   水戸好文亭

沓の跡芙蓉の下に印すらん

   峨々温泉にて

菊の日を雪に忘れずの温泉となりぬ

   熱鹽温泉即景

遊園に囲ひし山の芒かな

   勿来關趾

松の外女郎花咲く山にして

鷄頭に鼠出づ垣つぶれして

   雜

   古口といふ子規子がむさき宿と記せし所なり

宿帳に大字落々と記す秋

   冬の部

   酒田本間氏別墅

木もなくてしぐるゝをかし外廓

門構へ小城下ながら足袋屋かな

   芭蕉蓑塚

蓑ぬぎし晴れを思ふや帰り花

   出雲大社にて

御櫛笥あるに寒梅匂ふらん

   雜

  歸省句稿抄(明治三十六年)

   箱 根

街道の杉の並木や山の雪

   高濱上陸

故郷の赤土山や枯尾花

   元 日

元日の雪降る城の景色かな

   三日子規子髪塔に詣づ

土凍てゝ栴檀の實の落ちてあり

このページのトップに戻る

河東碧梧桐に戻る