富安風生



富安風生の句

      『草の花』

昭和3年

   真間手古奈堂

さしのぞく古井の水もぬるみけり

昭和5年

   昇仙峡 二句

岩の上に傘を杖つく紅葉かな

紅葉溪月をかかげて暗きかな

   筑波山

頂に出て落葉なき眺めかな

昭和7年

みちのくの伊達の郡の春田かな

      『十三夜』

昭和9年

   浅草伝法院 二句

エノケンも心にありて萩に彳つ

玉木座の看板しこに葛高し

昭和11年

   虚子先生を官舎に迎へて小集を催す 四句

庵涼し小鳥等も客珍しく

捕虫器をはるかの丘にふるも見ゆ

桃の葉のしんしん匂ふ夕端居

夕涼し白ばかりなる鳳仙花

   上野不忍池

うづくまるかたゐを見まじ枯蓮

不忍に芭蕉の碑あり枯蓮

枯蓮をみな見に出たる座空し

      『松籟』

昭和12年

まさをなる空よりしだれざくらかな

   金刀比羅神社

巫女の眉やや険を帯び楠茂る

   屋 島

旗かざし玉藻の浦の遊び船

   道後温泉鮒屋

予の国に古りたる温泉宿凌霄花

昭和13年

   深大寺

梁に駕籠土間に自転車庫裏春日

   岐阜十八楼

川風のこの涼しさに人むかし

      『村住』

昭和18年

   虚子先生古稀賀筵 四句

鎌倉やけふのわれらに畑の梅

一もとの老木の梅をうち囲み

紅梅に彳ちて美し人の老

ふかぶかと杖をかいこみ老の梅

   義仲寺なる芭蕉二百五十回忌に列す 二句

家並欠け葱畑の上に鳰の湖

師に倶する仕合せかなひ翁の忌

      『母子草』

   湯本玉簾滝

春の滝その美しき名に適ふ

   小諸に虚子先生を訪ねて 三句

師の浅間梅雨晴間得て見に出づる

いやまさきく梅雨籠しておはしけり

俳小屋に梅雨もたのしくうちつどひ

      『朴若葉』

昭和22年

   小諸訪ふ 六句

師の浅間梅雨晴間得て見に出づる

俳小屋に梅雨もたのしくうちつどひ

いやまさきく梅雨ごもりしておはしけり

小諸とは雨の涼しき坂の町

小諸訪ふ泊り重ねて明易き

小諸訪ふ梅雨しとどなる旅ごろも

昭和23年

   厳 島

夜著いて朝とく発ちし紅葉宿

   下野芦野町遊行柳 二句

翁の田蕪村の清水冬枯るる

歌碑一基句碑二基凍てて道のべに

   松山正宗寺にて

ゆくりなくここの子規忌に値遇の縁

   松山・森薫花壇居

この庵もけふ糸瓜忌の糸瓜垂れ

   伊予中山町 三句

栗山へ一縷の径のかかるかな

中山は材木の町五倍子を干し

栗山に栗は拾はず遊びけり

   丸亀にて

芋蔓を築土にかけて団扇の町

   松山・三津浜・観月庵にて 二句

句の旅を仏縁に謝し月の秋

石鎚の嶮に廂す月の庵

      『晩涼』

昭和25年

   啄木の歌碑は港をのぞむ丘の上にあり

狂ひ咲くたんぽぽを踏み長嘯す

啄木のむかしの人の秋袷

昭和27年

   道後 鮒屋旅館

この宿に汝も甘え鳴く雨蛙

   観月庵

藤垂れたりこの御仏にまた見ゆ

   松山城

欄に俯し矢狭間にのぞき松の花

   向滝旅館 一泊

滝跨ぐ渡廊を架け巌に百合

   長良川河畔 大竹旅館

夏のれん孕めば鵜川見えわたり

   さしかけし出窓の下は鵜川の枝川にて、鵜飼見の舟どもひしめ
   き舫へり

双羽張る鵜は舟人の法にも

鵜舟近き空明りぞと気色だつ

鵜篝に風そひ鵜川せせらぎぬ

昭和28年

   宮 島

廻廊に献じて春の灯かな

   岩惣旅館 「洗心亭」に泊る

春灯に神島の蛾はよごれなき

   翌くる朝は雨

浅き水秋よりも澄む若葉雨

   松山 観月庵

盃中に松蝉の声落しけり

   庭内に別にまたわが句碑成れり。全く思ひ設けぬことなりし

寿詞(よごと)のなかにわが名読まるる枇杷青し

きりぎしに藤を垂れたる斎庭(ゆにわ)かな

   松山より新居浜へ自動車を走らす

きりしまや揚羽も寄らぬ真盛り

   新居浜一宮神社境内にわが樟若葉の句碑建立さる 除幕式

碑に鐫(ゑ)りてときはかきはに樟若葉

      『古稀春風』

昭和29年

   伊良湖村芭蕉句碑

岬小春鷹もや飛ぶと手をかざす

杜国の碑も某寺に在りとはきけど

甘藷を掘る今は昔の保美村

   恋路ヶ浜

秋浜の美しき名のいはれかな

秋晴や道にも敷きて伊良湖石

   北海道大学クラーク氏記念碑 二句

楡新樹愛のごとくにさしかばふ

先人もこの緑蔭にかくをりけん

   層雲峡探勝。峡にさしかかれば

その片翅霧がくれして胡蝶岩

   流星の滝を男滝とし銀河の滝を女滝とす

天柱を樹てて左右に二瀑落つ

   銀河の滝もつとも美し

女の滝として神の意に美しき

   五稜郭

車前草に蹄痕ふかし五稜郭

   青森、善知鳥神社

柾を葺く仮宮かなし小町草

   途中の遠野といふ町は日本民俗学発祥にゆかりあるところ

長き夜の書にも遠野物語

昭和30年

   湯ケ島、浄蓮の滝

滝しぶきまひて山葵の花濡らす

   那須高原行 五句 黒磯より一路坦々たるドライヴウェイ

麦架けて那須野ケ原の一軒家

   式内那須神社

宮涼し什宝として蟇目の矢

   賽の河原

飛燕群れ殺生石も古りにけり

   大丸温泉の別館。粗末なる一室に乃木大将の間と札かかれり

乃木の間の畳日焼けしサイダーぬく

   本湯 石雲荘洋室

灯をとりに那須ケ岳より大蛾来る

   太宰府行、春池、烏三公両君東道

道ばたに師の句碑立たす春深し

   観世音寺

爪打ちの鐘の余韻は紫雲英(げんげ)野に

   寺宝に舞楽面を蔵す。陵王と納曽利と

帛とれば面嗔れり金鳳花

   五重塔は心礎を存するのみ

歯朶たけて塔の心礎をかくさざる

   浦上天主堂 二句

うまごやし柵して廃墟なまなまし

一使徒像残り夏雲高行くも

   松山 観月庵

家鴨等も迎へ鳴きして芦茂る

   三年見ぬ間にさまざまに模様変る

竹秋の障子はひりし水車小屋

   月龍庵主わがために風生庵を新築

端座して四恩を懐ふ松の花

   善光寺

鳩の穢のよごれ畳に昼寝婆

   川中島古戦場

七太刀の碑を草に立て青嵐

   戸隠奥社みち

六根に巒気の寒きほととぎす

   柏原一茶遺跡 二句

土蔵もて史蹟としたり瓜の花

もろこしの花咲くつひの栖かな

   後裔の家は農の傍ら豆腐をひさぐ

あぶらげに網戸後裔に裸の子

   赤倉観光ホテルに泊る

霧の扉の咫尺に着きて山ホテル

   更けて霧はれ、満月あらはる

大観に鏤めし灯と月一片

   一切経も亦山の名。活火山なり

粧ひて一切経はとはに燃ゆ

   山上展望

爽籟に大安達野をかへりみる

   土湯峠を超え、磐梯へ

万嶽を踏み破りもて紅葉狩

   裏磐梯、五色沼 二句

碧水に浮べて柳一葉かな

波きざみきざみて黄ばむ沼の芦

      『愛日抄』

昭和33年

   芭蕉「有磯塚」句碑除幕式寄す

有磯辺に一すぢ遠き道の秋

昭和34年

   三囲神社

夕立の句碑うづくまり凍解くる

授かりし一福として冬日和

   月江寺、月の江句会にて 二句

愛と詠み恵と讃へ大泉

盆の供華抱いて泉にうつり過ぐ

   柏木白雨邸、裏山墓地

土に置く桔梗をさはに新帰逝

昭和35年

   福岡地方貯金局五十周年記念に句を乞はる。福岡はわが俳句を
   生みたる地なり

春風や生涯のこの一くさり

      『喜寿以後 補遺』

昭和38年

   野田の玉川

秋風に吹きも折られで歌碑一基

   壷のいしぶみ

鞘堂を被て道ばたに古碑小春

昭和39年

   奥の院みち

二三片散らしがきして槇落葉

   芭蕉句碑

「ちちはは」に時雨詣や妻とわが

      『傘寿以後』

昭和40年

   日軽長月会、ォの庭にわが句碑を立つ

句碑のためわづかに高し春の芝

幸福に芝生ふくらみ風光る

   松山行。観月庵山荘。山内処々に庵。風生庵もその一つ。

或る庵は筍藪の中にあり

   風生庵に泊るは十二年目。覚えある苗木の楓、のびたけて門を
   かばへり

待ちてくれねぎらひくれて若楓

昭和41年

   碓氷峠

雲居せる白き日輪冬峠

雲流れ峠路の冬急ぐなり

昭和42年

   リフトにて頂上に上る、車山展望

領布(ひれ)ふりて花野のリフト摺れちがふ

幼児を膝にす花野のリフトの父

いただきを花野にまろめ霧ケ峰

おしひろげうち重ね万緑天が下

   大和館一泊

うす衣を被きて愁ふ既望かな

大空に既望孤ならずここにわれ

十六夜と露台のわれとのほか虫声

      『米寿前』

昭和43年

   沢渡温泉、まるほん旅館

夜長なる湯室(ゆむろ)は幾何の美に工(たく)

   上つ毛路

削懸(きりかけ)を負ふひとつ家も秋蚕飼ふ

   暮坂峠、頂上に牧水碑“枯野の旅”を刻せる詩碑建てり

秋風やマント吹かるる詩碑の像

   吾妻川の枝川に添ふ牧水コース、随所に牧水の歌を標(しめ)
   せり

秋寂びて十二茶屋とて潰えをり

   “おもはぬに村ありて名のやさしかる
      小雨の里といふにぞありける”=牧水

秋旅や峠下れば小雨村

昭和44年

   三津浜、観月庵・月竜氏の墓に詣づ 二句

浜木綿の実の逞しく主亡し

手をとられたる思出の磑の秋

   子規旧居

翁・居士・師ひとりひとりに秋高し

   西の下。師の“この松の下”の句、“道の辺に阿波の遍路”の
   句、心にあれば

その松とその道のべの昼の虫

墓撫でて吾も俳諧の一遍

   鹿島、四十余年前の曾遊を憶ふ 一泊

きりぎしにすがれる萩の命はも

   名鉄・犬山ホテル

秋灯や城を斂(をさ)めし大玻璃戸

   犬山城

深秋の暁紅に城染まり出づ

白帝城を鎮め秋天紺を張る

   「千里江陵一日還」

江陵を延べ秋水に一孤舟

掌上に珠と愛して秋の城

      『年の花』

昭和46年

   真間さくら句碑 二句

しだれざくらと書き流したる意(こころ)かな

しだれ咲く花のこころに随はむ

   利根川支流、月夜野橋の下あたりの瀬は、万葉集東歌に詠ま
   れし“ただわたり”の名所なりといふ

瀬々の夏むかしの恋はひたぶるに

   草樹旧友会、秋桜子青邨二翁傘寿祝賀

盃あげて二翁いよいよ小春かな

昭和47年

   真間・さくら句碑、二周年記念句会 三句

こころこめしだれざくらと仮名でかく

一切を容れてしだるる桜かな

夜は星の空よりしだれざくらかな

      『齢愛し』

昭和48年

   小鳥島、志賀直哉文学碑。小品“焚火”の書出し“舟に乗つた
   ……”以下一節を刻せり

舟に乗れば残鶯の声湖をまろぶ

   三つ峠・御坂峠。自動車の通ずる限り三つ峠中腹まで登る 
   二句

たぎつ瀬に皮むき垂らす青林檎

峡空を稀に漂ふ蛾のありて

   御坂峠。太宰治文学碑があり。文曰“富士には、月見草がよく
   似合う”

夏霧やペン字適ひし詩の章句

昭和52年

初渚ふみて齢を愛しけり

富安風生に戻る