童謡・唱歌

浜千鳥の歌碑〜花園海岸〜
indexにもどる

 南房総市和田町花園の国道128号沿いに「浜千鳥の歌碑」があったので立ち寄ってみた。


遊歩道の松林の中に「浜千鳥の歌碑」があった。


青い月夜の 濱べには

親をさがして 鳴く鳥が

波の国から 生まれ出る

濡れた翼の 銀のいろ

「浜千鳥」は知っているが、鹿島鳴秋は知らなかった。

「金魚の昼寝」は鹿島鳴秋の作詞であった。

   建碑の言葉

土用波が荒れる頃、磯辺の千鳥が月に消えて、海がめが卵を生みにくる。

此の土地は、鳴秋が人情の素朴を愛した。

たった一人の娘昌子さんが、若くして和田浦で逝った。

それ以來彼の切々たる傷心から「浜ちどり」や「夜の貝」等の歌詩が、此の海辺の街で生れた。

父と娘だけのつながりの世界に、この碑を建立して、霊を慰めたい。

 昭和40年12月

安田 誌

花園海岸


あいにくの曇り空で、寂しそうな海である。

童謡・唱歌に戻る